スポンサード リンク

胃腸風邪のときの食事カテゴリの記事一覧

胃腸に優しいレシピ

暑い日が続いたせいか、胃腸が弱ってしまったので、
胃腸を労わるべく、消化の良い胃腸に優しい料理に挑戦する事にした。
早速胃腸に優しいレシピを探し始めたのだが、どうやら季節柄、胃腸に優しいレシピが豊作。
本屋にも、胃腸に優しい、と銘打ったレシピの本が並んでいた。
夏を乗り切るレシピ、とか、胃腸に負担をかけないレシピなど盛り沢山だったが、
腕にも優しい、胃腸にも優しいレシピはなかなか無い。
結局、レシピはネットで探す事に。
とりあえず弱った胃腸に、困った時のお助けレシピ、胃腸に優しい鶏だし雑炊夕飯を取るが、
どうも手抜きレシピな感が否めない。
もう少し手の込んだ胃腸に優しいレシピがいいなぁ、と思ったのだけど、
何しろ自他ともに認める面倒臭がり、あんまり凝ったレシピはご勘弁。
そもそもあまり手の込んだレシピを避けるが故に、
胃腸に優しいレシピを探しに行って手ぶらで帰った来たというのに。
という事で、胃腸に優しい料理は諦めて、暖まるし、胃腸に優しいし、
何しろレシピなんて要らないくらい簡単に作れるし、と夜に葛湯を作る事にした。
しかし張り切って葛を買ってきたところ、葛桜のレシピが添えられていた。
こういうオマケのレシピに弱い私、胃腸に優しいお菓子だし、と作ってみたくなっている。

胃腸風邪と食事2

胃腸風邪の症状って、皆さんはどういう体験がありますか。私はまだ胃腸風邪にお目にかかったことがありません。激しい嘔吐と下痢が突然やってくるそうで、とても不安です。胃腸風邪って昨年からやたらと流行ってますね。抵抗力のない子供や老人は死ぬこともあるなんて報道されてますしね。

胃腸風邪の症状の1つである下痢はひどいといわれています。トイレに行った後にスッキリしたと思ったら、そのそばからまた腹痛がして絶え間なくトイレに行くそうです。トイレの往復ばかりを繰り返す場合もあるとか。胃腸風邪とも呼ばれる感染性胃腸炎の原因は、ウイルス菌であるロタウイルス菌かノロウイルス菌だと言われています。

胃腸風邪の原因はウイルス菌だから、それ専用のワクチンが開発されてない今は特効薬はないそうです。
吐き気も下痢も、症状が現れて、消え去っていくのを静観するしかないようです。

下痢止めの薬の服用はするなという人もいます。1週間で自然と治るからという人が多いですが、白濁した水便は何とかならないものでしょうか。体験がないだけに聞くだけで恐ろしい気がします。

胃腸風邪の症状は細菌による下痢の症状とは違います。細菌による粘りのある下痢とは違い、まったく水が出るのと同じ感じの淡い黄色もしくは白濁した下痢です。これは特にロタウイルスと呼ばれるウイルス菌による症状です。

胃腸風邪と食事

胃腸風邪にかかったなと思ったら、まず注意するべきなのは水分対策です。突然に襲う吐き気との闘いで体力も精神力も消耗してしまいます。

胃腸風邪にかかった時は、脱水症状を回避するのにスポーツド リンクがおすすめです。塩分や各種のミネラルも入っていますし、吸収しやすく、体力維持をすることができます。脱水予防のため、スープなど薄い塩味ある飲み物もとって出来るだけ体力をつけるようにしましょう。

栄養のある食事をしたいところなんですが、何しろ吐き気があるから食べられません。吐き気で弱ったなと思っているところに、今度は追い討ちをかけるように下痢がはじまります。下痢の症状で一番気をつけることは、脱水症状です。胃腸風邪による頻繁な下痢で身体から水分が大量に奪われます。
水分を補給するということが、胃腸風邪の症状では最優先課題でしょう。食事で栄養をつける以前に胃腸風邪の症状の対処法としては、吐き気があっても水はできるだけ飲むようにしたいです。

胃腸風邪の症状の特徴は、吐き気なので食事を摂取するのが難しいのです。それでも吐き気が軽い場合は風邪を治すために栄養補給をする必要があります。どうしても吐いてばかりで症状がひとくなるようなら、病院で点滴ということになります。少しでも食事ができるようなら、栄養補給をしましょう。栄養と休養が何よりも早く治すコツです。

まずは、基本的な体力に必要なのは、良質のタンパク質です。体力が落ちている時にはエネルギー源となる糖質も必要です。タンパク質食品を取り込んだ消化のよい暖かいおかゆが良いです。それからビタミンA、ビタミンCもたくさん摂って抵抗力をつけましょう。そしてゆっくり休養をしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。