スポンサード リンク

胃腸の病気は偏食から

暑くなってきたせいか、胃腸の調子が良くない。
食欲もあまりないし、食べてもすぐに胃腸が痛くなってしまう。
分かりやすく病気のようでもないし、ちょっと胃腸が弱っているのかな、
食欲が多少落ちるだけならならダイエットになっていいや、
とあまり気にしていなかったのだが、いよいよ胃腸が弱ってきたのか、
はたまた病気なのか、食べるのも辛くなってきた。
しかも胃腸が弱ったせいか偏食気味になり、これじゃぁ別の病気になってしまうじゃないか。
夏はただでさえ胃腸が弱るから、病気になりやすいし、
もしかして既に良くない病気ではなかろうかと、悶々としていたのだが、
胃腸の病気なら放っておくわけにもいくまい、と仕方なしに病院に行くことにした。
胃腸が痛いんですぅ、重い病気だったらどうしようとお医者さんに訴えたところ、お医者様、一言。
「病気ではないですけど、胃腸が少し弱ってますね〜。」
暑いからと水分を取り過ぎて、胃酸が薄まったのが原因とのこと。
病気でなくて何よりだけど、大騒ぎしてちょっと恥ずかしい。
胃腸が弱りやすい季節だから、病気と思って消化の良い食生活を送るのも悪くないですよ、
とお医者さんに慰められたので、しばらくは病気のつもりで胃腸を労わることにした。
タグ:胃腸 偏食 病気

胃腸風邪にかかったら 対処

胃腸風邪に罹ったかなと思ったら、体を暖かくして安静に寝て過ごしましょう。頻繁な嘔吐や下痢で苦しみますが、下痢がひどいので、脱水症状を防ぐことが優先されます。

食欲もないし、吐き気が強いので、水も飲めないという場合もあるかも知れません。水もたくさんは飲めないという場合は、無理しないで少しづつ口を湿らせながらでも摂取しましょう。塩水なんかも良いかも知れません。

胃腸風邪に罹って一番重要なのは、水分の補給です。スープが飲めない、食事が食べられない時は、せめてお茶やジュースなどで水分を摂りましょう。スポーツドリンクならなおさら良いでしょう。

熱があったり咳がひどい場合は素人診断で、風邪薬を飲むのでなく、病院にいきましょう。吐き気止めや下痢止めの薬を勝手に飲むのは愚の骨頂です。

胃腸風邪に罹ったら、身体を暖かくして安静にするのが一番です。そして消化のよい食事を摂取してください。体の抵抗力を高めるためにもバランスのとてた食事はとても大切です。

しかし、この胃腸風邪の場合は、そう食べられないのが現状です。風邪がこじれて熱があったりすると余計食欲が出ません。それでも、やわらかいお粥とかを少しづつでも口にしましょう。

胃腸風邪になったら、激しい吐き気と下痢だから食事をするのは無理だという人もいます。お腹を空にしてひたすら休養するしかないというけれど、出来ることなら少しでも栄養を摂った方がよいです。吐き気は2〜3日の症状、下痢は1週間くらいの症状が一般のようです。長くても10日から2週間くらい耐えられれば、この胃腸風は治ってくれるようです。

胃腸風邪の潜伏期間

この冬流行した胃腸風邪の潜伏期間はどれくらいなのでしょう。胃腸風邪は今の今まで元気で食事をしていたのに突然吐いてしまうという具合に突然やってきます。吐き気の次には下痢がおそいます。

もともとどんなウイルスによって風邪は発病するのでしょうか。流行性感冒はインフルエンザウイルスによる風邪です。呼吸器官や胃腸風邪はアデノウイルスやロタウイルスによる風邪です。鼻風邪はライノウイルスというウイルスによって引き起こされます。夏風邪ではエンテロウイルスです。

胃腸風邪は、食事を摂ることが出来ず食べれば食べるだけ吐いてしまいます。そういう点では、胃腸風邪のウイルスは凶悪なウイルスといえます。おまけにひどい下痢が頻繁に襲ってくるので脱水症状も危険を孕んでいます。

この突然に症状を呈する胃腸風邪の潜伏期間は短くて感染してから約1〜2日で発病します。この病気は余ほど抵抗力のない幼児や老人でない限り、致命傷とはなりません。安静にしていれば早くて3日程で元気になります。中には1週間以上苦しむ人もいますが。

胃腸風邪の潜伏期間は人間の体内に感染してから発病するまでは短いが、空気中での生命力は強い方です。ウイルスの感染は、付着した衣服や手に付いたりもします。ふつうの石鹸や低い加熱では消滅しないので、塩素系消毒剤、85度以上の1分以上の加熱消毒をします。吐いた物や下痢便からも感染しますので要注意です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。