スポンサード リンク

胃腸の病気は偏食から

暑くなってきたせいか、胃腸の調子が良くない。
食欲もあまりないし、食べてもすぐに胃腸が痛くなってしまう。
分かりやすく病気のようでもないし、ちょっと胃腸が弱っているのかな、
食欲が多少落ちるだけならならダイエットになっていいや、
とあまり気にしていなかったのだが、いよいよ胃腸が弱ってきたのか、
はたまた病気なのか、食べるのも辛くなってきた。
しかも胃腸が弱ったせいか偏食気味になり、これじゃぁ別の病気になってしまうじゃないか。
夏はただでさえ胃腸が弱るから、病気になりやすいし、
もしかして既に良くない病気ではなかろうかと、悶々としていたのだが、
胃腸の病気なら放っておくわけにもいくまい、と仕方なしに病院に行くことにした。
胃腸が痛いんですぅ、重い病気だったらどうしようとお医者さんに訴えたところ、お医者様、一言。
「病気ではないですけど、胃腸が少し弱ってますね〜。」
暑いからと水分を取り過ぎて、胃酸が薄まったのが原因とのこと。
病気でなくて何よりだけど、大騒ぎしてちょっと恥ずかしい。
胃腸が弱りやすい季節だから、病気と思って消化の良い食生活を送るのも悪くないですよ、
とお医者さんに慰められたので、しばらくは病気のつもりで胃腸を労わることにした。
タグ:胃腸 偏食 病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。