スポンサード リンク

胃腸の病気

●胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、一度かかるとなかなか完治することができない胃腸の病気です。一生の付き合いとなる胃腸の病気です。この胃腸の病気は、どちらかというと几帳面な性格の人に多く診られます。神経質のあまりストレスを抱え込む人が多いようです。

十二指腸潰瘍は消化性潰瘍と呼ばれる胃腸の病気です。酸やペプシンの分泌が異常に増加して腸壁が爛れる胃腸の病気です。胃や十二指腸は、ストレスなどで胃酸やペプシンの消化液の働きが過剰となり起こることが多いとも言われています。最近になって、直接の原因がヘリコバクター・ピロリ菌と言われています。
十二指腸潰瘍の症状としては、鈍痛が空腹時に起こります。食事をとることによって緩和されます。これは食事の摂取と時間的な関係が強いからです。

十二指腸潰瘍になったらまずは安静にして胃腸を休めます。喫煙している人は禁煙してください。刺激物やアルコールは口にしないようにします。ひどい場合は、入院して内視鏡手術することも必要になってしまうほどの胃腸の病気なので日ごろから気をつけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。